恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

給料で変わる?半同棲中のカップルの生活費の分け方6選!

月の半分だけ同棲しているカップル。
食事を作ったり、お泊りしたりと楽しい時間を過ごしているでしょう。
でも、ずっと同棲していないけど、光熱費や食費などの生活費を折半したいと考えるカップルもいますね。
そんな、半同棲中のカップルの生活費の分け方について、幾つかご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

半同棲中のカップルの生活費の6つの分け方


出典:weheartit.com

①彼女の給料が少ない時は彼氏に多く出してもらう

彼女の給料が少ない時は、彼氏に多く生活費を出してもらいましょう。
20万円以上も彼女の給料より多く貰っている彼氏なら、生活費を5万円以上は出してもらっても彼氏は負担がないでしょう。

出してもらいたいと伝える時は、落ち着いて、明るく話すことが大事ですね。
言い方によって、もう少し出してくれることもあります。
彼氏の機嫌を損ねないように、気分の良い言い方を心がけて言ってみましょう。
言うタイミングとしては、楽しい会話をしているときに言ってみれば、すんなりと意見を受け入れてくれますよ。

②彼女の給料が低い時は全額出してもらう

彼女の給料が10万円以下など、かなり低い場合には生活費を全額出してもらいましょう。
給料明細を実際に見せてみて、これだけ低いのに生活費を出してしまうと、かなり苦しくなってしまうと言ってみるといいですね。

その代わり、彼氏のお弁当も早起きして作るし、洗濯もする。
そしてゴミ出しもするなど、生活全般を進んでやるからと言ってみましょう。
ちゃんと気持ちを伝えることで、彼氏も納得してくれますよ。

③彼女の給料が多い時は多く生活費を出す

彼氏よりも彼女の給料が多い時は、多く生活費を出しましょう。
10万円以上彼氏の給料よりも高い場合は2万円から3万円は多く出しみれば、彼氏も同棲して良かったと思いますよ。
もっと高い時は5万円以上多く出してもいいでしょう。
その代わり、彼氏に夕食を作ってもらったり、洗濯しておいてもらうなど、色々とやってもらうといいですね。

④彼氏と同じくらいの給料なら近い生活費を出す

彼氏と同じくらいの給料なら、彼女も生活費を同じほど出してみましょう。
同じ額を折半することで、自分の意見や都合を言い易くなりますね。
彼氏に洗濯や掃除などを頼まれたくないときは、同額出した方が後々の生活をする上でも対等に生活ができ、ストレスを抱えないでしょう。

⑤彼氏が将来は結婚して家を買うなら同額の生活費を出す

将来は結婚して、家を買うとの夢がある彼氏と半同棲しているなら、同額の生活費を出しましょう。
彼女のために家を買うから貯金をしているのですから、それを応援するためにも生活費を出すことは大事です。
少しだけでもいいですが、もっと彼氏の心を掴むには、同額以上出してあげることがポイントでしょう。
こんな配慮のある彼女となら、結婚しても幸せになれそうと思った彼氏は、本気で同棲して結婚を考えますよ。

⑥付き合ったばかりの時は半分出す

付き合ったばかりだし、半同棲したばかりなら、生活費を半分出してみましょう。
半分出してくれる彼女は気遣いもでき、配慮もできると感じた彼氏は本気で惚れますよ。
これからどんどん仕事を頑張り、愛する人のためにしっかりしたいと男らしくなるでしょう。

まとめ

半同棲する彼氏と生活費をどうするかと考えたら、彼女は彼氏の給料をよくチェックしてみることが大事です。
そしてどうするかよく話し合い、お互いに納得してから決めることがポイントですね。
やはり、給料が高い方が多めに出すことは大事ですが、結婚を考えている二人がゆったり過ごすための家を買うなどの夢があるなら、彼女の方も彼氏ばかりに生活費を頼るのはどうかなと考えた方がいいでしょう。
楽しい半同棲にするためには、お金を多く出すならこうするなど提案をするのが大切ですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。