恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

ネット恋愛でもできる?結婚まで発展するための9つの流れ

ネット恋愛は楽しいものですね。
スマホやパソコンを使い、簡単に恋愛できる男性を探せるのですから。
このネット恋愛が上手くいき、結婚にまで発展させた人もいるんですよ。
そんなネット恋愛から結婚まで発展するための流れをご紹介しましょう。

license:cc  出典:weheartit.com

ネット恋愛から結婚まで発展するための9つの流れ


出典:weheartit.com

①ネット恋愛の相手をサイトで探す

まずは、ネット恋愛のできる男性を出会い系サイトや婚活サイトで探しましょう。
結婚がしたいと強い願望がある男性を探せば、より早く結婚ができますよ。
プロフィールに趣味や思考を詳しく書けば、よりフィーリングの合う男性と知り合えます。
相手の男性の理想もしっかり考え、身長や学歴、年収にタイプなども書いてアップすることも大事ですね。

②理想的な男性に出会ったらメールでやり取りする

理想的な男性と出会ったとしても、ネット恋愛ではいきなり会うのは我慢しましょう。
本当にその人が理想的な人なのか、安心してやり取りができる人なのかをメールでやり取りして確かめることが大事です。
それには、趣味や特技、将来の夢などの話をメールでしてみましょう。
また、どんな結婚生活を考えているのか、妻に求める理想なども聞いてみれば、もっと納得した結婚生活ができますよ。

③10回ほどメールしたら写真付きのメールを送る

10回ほどメールのやり取りをしたら、写真付きのメールを送ってみましょう。
男性からも写真付きのメールを送ってもらい、「もうこの人しかいない」と感じたら、会う約束をしてみて下さい。

美味しい食事を、素敵な景色が見えるレストランでするデートはいいですね。
より会話が盛り上がり、楽しくデートができますから。
二人が都合の良い日を考え、ゆっくりとデートを楽しみます。

④デートの日には余裕を持って家を出る

初めてのデートの日で、その人の印象が決まると言っても過言ではありません。
ですから、時間に余裕を持ち、しっかり持ち物検査をして出かけましょう。
服は前日に決めておくのがポイントですね。
後はメイクやネイル、ヘアスタイルを決めて行きましょう。

デートのその日は、挨拶をして軽く公園や美術館などでデートを楽しみ、ランチは美味しいレストランで食事をします。
次のデートでは夜景の見えるお店でディナーをしてみましょう。
それからホテルに行って一夜を過ごすといいですね。

⑤相手に結婚を前提に付き合いたいと告げる

10回以上デートを重ねたら、もうお互いになくてはならない人になるでしょう。
この頃に真剣に結婚を考えて、付き合いたいとの気持ちを伝え、男性の気持ちを確かめることがポイントです。
もう男性の方も女性と結婚したいと考えても良い頃ですから、女性の方から結婚を意識させてみましょう。

⑥デートを15回から20回ほどして親に紹介する

ネット恋愛では、デートを15回以上はしたいものです。
会っているうちに距離も縮まり、より親近感がわきます。
さらに何度かエッチをした方がセックスのフィーリングも分かりますから。
会話も合うな、空気も合うなと感じた男性だなと思ってから親に会わせるといいでしょう。

⑦男性の家族に挨拶をする

自分の親に会わせたら、男性の家族にも会わせてもらいましょう。
そして、「○○さんと真剣に結婚したいと考えています」との気持ちを伝えてみて下さい。
会う時には、清楚で清潔に見えるスーツを着て、髪の毛を一つに束ねて会いましょう。
また、上品で美味しい菓子折りセットを持参し、男性の親に渡せば、好感度もアップしますよ。

⑧式を挙げるチャペルやウェディングドレスを決める

男性の親に挨拶に行ったら、本格的に式を挙げるチャペルや着るウェディングドレスを選びましょう。
決まったら式の日取りを決めて、招待したい人に招待ハガキを送ります。
家族だけで式を挙げたい時は、親にその気持ちを伝えましょう。

⑨式当日は明るい気持ちで

結婚式当日は、明るい気持ちで式を挙げましょう。
そして、参加してくれた人に一人一人に軽く挨拶をします。
その後はハネムーンに行くもよし、家族で二次会に出かけるもよし。
自由に行動してみましょう。

まとめ

ネット恋愛も普通の恋愛とはなんら変わりません。
ただ、顔が見えない出会いであれば、相手の顔やスタイルを写真で確かめることも必要でしょう。
本気で結婚を考えている男性なら、女性から「写真が見たいから送って」と言えば、きちんと自分の本当の写真を送ってきますよ。
幸せなネット恋愛で結婚するためにも、慌てずにデートを重ねましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。