恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

気持ちを掴みたい!メールの駆け引きの方法タイプ別3選

みなさんは好きだなと思う男性にどんなメールを送っていますか?
ただ「こんにちは」だの「今日は寒いですね」なんていう普通のメールを送ってはいないでしょうか。
これじゃあ、いつまでも恋愛には発展しませんね。
メールを上手く使って気になる男性と駆け引きをすれば、もっと気持ちを惹き付けることが出来るんですよ。
では、好きな人の気持ちを掴める駆け引きメールの書き方と駆け引きのやり方、注意点を男性のタイプごとにご紹介しますね。

license:cc  出典:weheartit.com

1.シャイな男性の場合


出典:weheartit.com

メールの書き方

シャイな男性へのメールの書き方は、絵文字を色々と使って書いてみましょう。
ただ文だけを書いては、この手の男性は心を開いてくれません。
心を開かせて、楽しくやり取りをしたいのなら、動物や果物などの可愛い絵文字を所々に入れて書くといいのです。

メールの駆け引きの方法

文章は「○○君の趣味ってなに?」と書いてみましょう。
名前を付けることで心を開かせるんです。
趣味を聞かれるととっても嬉しい気持ちになるから、そこを考えて得意なもの、好きなものを聞いてみましょう。
そこから話を広げていけば、より楽しいメールのやり取りが出来るようになりますよ。

それから「私の趣味って何か当ててみて」と質問形式で聞いてみましょう。
質問したり、質問されてみる。
これが、このシャイな男性の気持ちを掴むメールテクなのです。

注意点

この手の男性には、夜寝る前にメールを送るといいですね。
頻繁にではなく、1番リラックス出来る時間に送るのです。
1日にその時間帯だけやり取りをすることでストレスを与えません。
注意したいのは、しつこく何度も聞いてくる女性には壁をつくってしまうところがあるから、しつこく聞くのはやめましょう。

2.モテモテの男性の場合


出典:weheartit.com

メールの書き方

女性にモテモテの男性の場合のメールの書き方は、明るい文章を書きましょう。
「!」マークや「♪」マークを付けて、自分の感情を表現するのです。

メールの駆け引きの方法

モテる男性へのメールの駆け引きの方法は、朝と昼、夜の3回にメールを送ることです。
きちんとその決まった時間にメールをすることで、真面目な気持ちが伝わるのです。
意外とモテる男性は、こんなことをする女性と付き合ったことがないものですから、ドキドキします。
ここが気持ちを惹き付けるポイント。

メールには「おはよう!今日は天気いいみたい。お仕事頑張ってね♪」と送ってみましょう。
これだけでも気持ちをギュッと掴んじゃいます。
お昼には「今日は○○弁当食べたんです♪今度○○さんと食べたいなあ」と誘うメールを。
夜は「お疲れ様でした♪」と短めのメールでいいので送ってみましょう。

送った次の日は送らないこと。ここも大事。
「あれ?今日はメールがないな。どうしたのかな?」と気にしちゃう。
男性からメールを送ってもらったらすぐには返事をせず、半日経ってから「メールありがとう♪」と返事を送る。
こういったじらす駆け引きも、モテる男性には有効的なのです。

注意点

モテる男性からメールがきたら、2日以内には返事をしましょう。
あまりにも長く日にちをおいてしまうと、他の女性からのメールに気持ちを奪われてしまい、恋愛に上手く発展出来ずに終わってしまうのです。

3.普通のタイプの男性


出典:weheartit.com

メールの書き方

普通のタイプの男性へのメールの書き方は、日頃の楽しかったことや面白かったことを普通に書けばいいんです。
気取りすぎると、逆に嫌われてしまうので。

メールの駆け引きの方法

この手のタイプの男性は、メールを送ってきたら、すぐに返事をすることです。なるべく30分以内に返事をしましょう。
何度かメールのやり取りをしてみて、最後は男性の方で終わるようにするのがポイント。
上手く男性が気持ち良くメールを終えられれば、次の日にもメールをしたくなるんです。
これが、普通のタイプの男性の気持ちを上手く掴み、恋愛へと発展させるテクなのです。

注意点

2時間も3時間も返事をしないと、イラッとさせてしまうところがあります。
そこに注意をして、こまめにメールをチェックすることが大事。

まとめ

シャイなタイプの男性、モテる男性、普通のタイプの男性によって、メールの書き方、駆け引きの方法、注意点を考えてみましょう。
これだけで気持ちをより掴み、恋愛関係もより発展するんですよ。
男性のタイプをチェックすることが大事ですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。