恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

本命とは扱いが違う!キープ女を作る男性の5つの特徴とは?

キープしておきたいなと思う女に対し、男性は本命とは違う扱いをするのをご存知ですか?
「えっ、知らなかった」という人は危険ですね。
本気で惚れていたのに、男性の本心を知らずに尽くしては捨てられた時、もう精神的に立ち直れないという現実が待っているのですから。
そんな男性がキープ女にする時の特徴、扱い方から態度をご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

キープ女を作る男性の5つの特徴とは?


出典:weheartit.com

①軽くてどんな女とも付き合える

キープ女を作る男性の特徴は、軽いです。
プライドはないので、基本どんなタイプの女でも付き合えるんですよ。
人が付き合わないだろうと思うような顔やスタイルの女でも。

声を掛けて「イケるな」と思う女を選び、ものにするのが上手いですね。
遊び人風の女性ならもっと軽く誘えるから好きですが、真面目そうな女性でもなんなく心を掴めるテクを炸裂。
パッパとホテルにまで連れて行ける自信があります。

②好青年で頭が良い

遊び人風の男性ばかりがキープ女を作るのかといえば、そうでもないのです。
「えっ?こんな爽やかで落ち着いた人が?」と驚いてしまうほど真面目に見える好青年が、何人ものキープ女を作っているなんてことがあるんですよ。
頭が良いので、キープ女を何人作ってもやりくりが出来るんです。
何日の何時からはあのキープ女、何日の何時からはそのキープ女と頭の中でスケジュールを組めるんです。

好青年なので、女性はまさかそんな人が遊びの女を作るとは思いません。
会話もテキパキと楽しい話をしてくれますし。
そこが、この男性の狙いでもあり、テクなのです。

③喋りがやたらと上手い

喋りがやたらと上手いのもこのキープ女を作る男性の特徴。
ヘラヘラと色々な面白いことが話せるから、女性は一緒に居て「楽しいな」と思うんですね。
自分の話術で惹きつけては心を離さない。
キープ女も本気になり、自分がそんな風に扱われていることに気付かなくなってしまいます。
女性をおだてるのも上手いですし、楽しい気分にさせてしまう特徴もあります。

④女性を基本的に性欲の対象としている

女性は基本的に自分の性欲の対象としているのがキープ女を作る男の特徴です。
残念ながら、女性を本気で愛してあげるなんてことはできません。
本命の女性であっても、どこか中途半端。
でも彼女は欲しいという我侭なところもあるんです。
また、人よりも性欲が強いから、1人の女性では足りないんですね。

⑤1人の愛情では駄目な甘えん坊

母親の愛情たっぷりに受けて育ってしまっただけに、常に母性本能に包まれていたいと思うから、色々な女に手を出す特徴があります。
彼女が忙しくて会えない時には1人ぼっち。
もう寂しくて仕方がないから、ジッとしていられないんです。
そうなると、キープ女でもいいから慰めて欲しい、愛して欲しいと思うわけなんですね。

キープ女に対しての扱いや態度とは?

この男性はキープ女に対して「付き合ってやっている」という感じで付き合います。
「だから俺の言ったことに従え」という態度をとるのです。
生意気だなと思ったら手で打ったり、足で蹴ることもありますね。
このキープ女はいつ嫌がられて別れたとしても、またすぐに違うキープ女を作ればいいと思っているので、扱いがとにかく雑です。

本命とキープ女との違いはなにか?

本命にはちゃんと電話やメールをこまめにして、「愛しているよ」と言います。
でも、キープ女にはそんなことはしません。
「お前から電話を掛けてこいよ」と言い、電話代を使わないようにします。
掛ければ「じゃあ何時に迎えに来て」と女性の方から来るように指示。
本命には何があろうとも自分から迎えに行きます。
まったく扱いが違うのです。

まとめ

まったく扱い方も態度も違うキープ女。
扱いが雑だから、そのうち女性の方も「私って本命じゃないな」と気がつきますね。
でも、その段階ではもう惚れてしまっているので、なかなか別れられなくなってしまいます。
そんなことにならない為にも、早くキープ女ということに気がつくことが大事ですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。