恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

初体験が怖い!そんな気持ちを乗り越えた6つの体験談とは?

彼氏とのデートを重ねた彼女。
もうそろそろエッチをしてもいいだろうと思う頃。
でも、いくら愛している彼氏であっても、どうも怖いなという気持ちがあって。
そんな初体験を乗り越え、恐怖心がなくなった彼女。
そんな体験談を6つご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

初体験の怖い気持ちを乗り越えた6つの体験談


出典:weheartit.com

①怖くて1週間前から寝れなかった美咲(仮名)

彼氏が「今度のデートにエッチしよう」と言ったんです。
もうエッチを経験したことがない私はドキドキ。
内心、「怖い」と思ってしまいました。
1週間前から寝れず、睡眠不足に。

そして、そのデート当日。
彼氏にベッドまで連れて行かれた私は、恥ずかしさで、まともに目を瞑ることもできず、ドキドキ。
そして、とうとう服を脱がされてしまいました。

「あっ、待って」と思わず叫ぶ私。
でも、彼氏に優しくキスされたら、そのドキドキもおさまって。
あとは抱かれるままに。 終わった後は嬉しい気持ちに包まれました。

②逃げ出しそうになったけど抱かれた真美(仮名)

ベッドの上で、とうとうエッチが始まると思ったら怖くなって逃げ出しそうに。
その腕を掴んでは、引き寄せる彼氏。
そして、ギュッと抱きしめられたら、なんだか心地よくなって。
「怖い」という気持ちがなくなったんです。

でも、ブラのホックを外された時には、また怖いっていう気持ちに包まれてしまいました。
どうしたらいいのと泣きそうになる私に、彼氏は優しく「安心して」って。
この一言で身を委ねることが出来ました。

③恥ずかしい気持ちがあっても我慢したすみれ(仮名)

恥ずかしい気持ちがあって、なかなかエッチが出来なかった私。
でも、その日、彼氏が「好きだ」って凄い情熱的に抱いてくれたんです。
でも、それが逆に処女の私には怖いなと思ったんですが、もう25歳。
決心する時だなと思って、しっかりしようと思ったんです。

そしたら怖いっていう気持ちがなくなって。
後は彼氏にリードされてベッドイン。
終わったらスッキリした気持ちになりました。

④気がつけば自分も興奮した理恵(仮名)

27歳までずっと処女を守りぬいてきた理恵。
結婚するまでは絶対にエッチしないぞって強く考えていたというのに。
彼氏に無理矢理と服を脱がされてしまいました。
そしたら「ああ、どうしよう」って怖くて怖くて。
恐怖心で鳥肌が立つくらい。

「ごめんなさい、やっぱり無理」ってベッドから出たんです。
彼氏は凄く残念な顔をして。
なんだか気の毒だなと思ったけど、その日は家に帰りました。

そして1週間後、決意して彼氏の家へ。
自分から服を脱いで彼氏の胸の中へ。
気がついたらなんだか気持ち良くて、凄い興奮してしまったんです。
それからというもの、会う度にすぐにエッチ。

⑤彼氏をもっと好きになった久美子(仮名)

そんなにタイプではなかった彼氏と付き合っている久美子。
ナンパだったんです。だから、たいして本気にもなれず。
そんな彼氏から「エッチしよう」って。
処女の私はもうパニック。
恐怖だしエッチするほど好きでもないしって。

でも、いざエッチしてみたら気持ち良くてハマっちゃいました。
もう会わないとストレスになるほど彼氏を愛おしく思ってしまって。
どうでもいい彼氏を本気に愛することに。
結婚しちゃいましたね。

⑥怖いけど好奇心が勝った由真(仮名)

怖いけど、好奇心が勝ってエッチしちゃった由真。
その日はエッチしないだろうと思っていたのに、彼氏が「ホテル行こう」って言い出して。
もう頭の中は真っ白。下着だって、心の準備だって出来ていないというのに。
ヨレヨレの下着を見られたらどうしようとか、毛の処理もしていないのに恥ずかしいという気持ちが次第に「怖い」になってしまって。

でも、車はホテルの中にイン。
怖い、怖いと心臓がバクバクいっている私。
その私を壁ドンして、キスしてきた彼氏にもっとドキドキ。
それに、ディープキスの上手い彼氏にメロメロ。

そのままベッドの中に。
気がつくと朝になっていました。
大人になったなっていう気持ちと幸せな気持ちでいっぱいでした。

まとめ

誰もが初体験をするまでは「怖い」って思うものなんですよ。
まるで、初めての面接の前のように。
でも、いざやってしまえば、まったく怖いなんてことはなく、逆に幸せな気分になったりして。
なんでも体験してみないと駄目なんです。
大人の女になるためには。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。