恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

気持ちは掴める?奥手な男性の特徴とアプローチする方法8選

奥手な男性のことを気になって、付き合いたいと考えた時、どうすればいいのか悩むことでしょう。
というのも、恋愛に関して奥手なわけですから、他の男性と同じようにアプローチしてもダメなわけです。
では、どのようにすれば、奥手な男性の気持ちを掴むことができるのでしょうか?
そこで今回は、奥手な男性の特徴と、アプローチする方法をご紹介しましょう。

license:cc  出典:weheartit.com

奥手な男性の4つの特徴


出典:weheartit.com

特徴① 女性と目を合わせることができない

奥手な男性の特徴は、女性と目を合わせることができません。
シャイなので、初対面の人に簡単に心を開けないところが、直接目を合わせて話せないところでもあります。
あまり恋愛経験もないので、女性と目を合わせて楽しく話すことすらできません。
そんな奥手な男性は、女性と付き合いたいけど、目が合わせられないほど奥手だから、付き合うまでに進まないでしょう。

特徴② 女性に好きとストレートに言えない

女性に「好き」とストレートに言うことができません。
心の中では思っていても、口に出して言うことができないのです。
かなりシャイな性格のためでもありますが、好きという気持ちを持つと、酷く緊張してしまい、口に出して言えません。

特徴③ 女性を喜ばす言葉が言えない

女性を喜ばす言葉が言えません。
遊びなれてもいませんし、恋愛経験が少ないだけに、なかなか心を掴む言葉が言えないのです。
女性が褒められたいからニコッとしても、ボーッとその顔を見つめるだけ。
可愛いワンピースを着てきても、「じゃっ、行こうか」とサッサとレストランへと入ってしまいます。

特徴④ 気持ちは優しい

気持ちは優しいのが奥手の男性の特徴です。
女性が寒がっていれば自分のジャケットを肩に掛けてあげます。
お腹が空いていれば「何か食べる?」と聞いてきますよ。

奥手な男性へのアプローチの4つの方法


出典:weheartit.com

方法① 手紙で本気の気持ちを伝える

奥手な男性は直接会ってアプローチしても、その場で答えが出せないでしょう。
かえって「ごめん。今は付き合えない」と断られてしまうかも。
そんな奥手な男性には、手紙を送ってみましょう。

手紙ならゆっくりと1人で落ち着いて読めますし、考える時間も与えられます。
「手紙でお返事待ってます」と書いて、切手の貼った封筒と便箋を同封してみましょう。
「なんて気の利く子なんだ」と心を掴み、「この人なら楽しく付き合えそうだ」と良い返事を貰えるでしょう。

方法② お揃いのキーホルダーを渡す

素敵なキーホルダーをプレゼントしてみましょう。それも、女性とお揃いのものを。
プレゼントする時には、自分のキーホルダーを見せて「○○さんとお揃いなんです」と軽くアピールしてみることがポイントです。
「お揃い?俺のことが好きなんだな」と感じてくれるでしょう。

方法③ メールアドレスを聞いてアプローチする

目が合ったらゆっくり近寄り、「メール交換しませんか?○○さんと凄くメールしてみたいんです」と言ってみれば、メールアドレスならいいかなと思います。
そして、その日の夜に「ああ、○○さんとメールできるなんて幸せです。もう今日はずっと○○さんのことばかり考えていたんですよ」と、いかに好きな気持ちで溢れているかを伝えてみれば、「うわ、可愛い。付き合ってみたい」と感じるでしょう。

方法④ 角から出てきて鉢合わせしてアプローチ

ちょっとボーッとしている奥手な男性には、廊下の角で待ち伏せしてみましょう。
向こうの方から男性がきたらパッと現れて、「あっ、○○さん。うわあ、驚いたあ。ねえ、今日の夜ご飯一緒に食べませんか?」と誘ってみましょう。明るく言うのがポイントですね。

なかなか奥手な男性の気持ちを掴むのは困難ですから、こういった出会いの場でアプローチしてみるといいんです。
奥手の男性も楽しい気持ちになりますから、「ああ、行ってみたい」と感じるでしょう。
そして、食事をしている時に手を握り、「私ね、○○さんのことが好きになったみたい」とアプローチしてみれば、奥手の男性の心を掴みますよ。

まとめ

奥手な男性の特徴は、シャイな性格であるから心を開きにくいですね。
そこを考えてアプローチしてみましょう。
メールや手紙などでアプローチする時には、男性が「この人ならいいかも」と心を開くような言葉を伝えることがポイントでしょう。
優しさや素直な気持ちを伝えられる女性は奥手な男性の心を掴みますから、良い返事が聞けますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。