恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

やってみて!初対面の男性と楽しく盛り上がれる話題4選

素敵な男性に出会ったら、どんなことを話したらいいのかな?と思うでしょう。
初対面だから、あまりプライベートなことは話さない方がいいのかな、それとも色々と話した方がいいのかなと悩んじゃったりして。
考えれば考えるほど話が弾まず、ガッカリなんてことにならないように、初対面の時の話題はどんなものがいいかを4つご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

1.趣味の話をする

初対面の男性と話をするなら、趣味について話すといいでしょう。
大抵の人は趣味があります。何を話せばいいかと迷ったら、まずは「ハマっている趣味ってなんですか?」と聞くといいんです。
男性が「ドライブ」と言ったら「どんな所をドライブするんですか?」と聞いてみましょう。
「海の近くを」と言ったら「潮風を感じながら運転するって気持ち良いですよね」と楽しく言ってみれば、「この子と気が合いそう」と思ってくれますよ。

盛り上がれるポイント

ポイントは、男性の趣味の話を広げること。
男性が思わず「この子とやってみたいな」と思うようにすることなんです。
「ゴルフ」と言ったら「山の景色を見ながらプレイするのっていいですよね。帰りは美味しいお蕎麦を食べるのもいいかも」と提案してあげれば、もっと男性の気持ちが高ぶります。

こうやって話を広げられる女性って、とてもセンスがありますね。
そこが男性の心を掴むところでもあり、お付き合いに発展するポイントなんです。

2.ファッションの話をする


出典:weheartit.com

センスの良い男性であったら、ファッションの話をしてみましょう。
ブランドの服でキメる男性には、「このブランドって、デザインが格好良いですね。素敵」と言ってみるのです。
ブランドの話を上手く引き出して、「私も着てみたい!」と楽しく言ってみれば、男性の心を掴みますよ。

スーツの似合う男性には、そのスーツのデザイン性や色合い、着こなしを褒めてみて。
「ネクタイの色が素敵」「カフスのデザインが格好良い」など。
シャツがピシっとしているのなら、「清潔で知的さが見えます」と言ってみましょう。

盛り上がれるポイント

ファッションセンスの良い男性は、着こなしや色、柄、コーデなどに興味がありますから、そこから話を広げてみると盛り上がりますよ。
ポイントは、「あのブランド知ってます?」と他のブランド名は出さないようにすること。
あくまでも、目の前の男性が着ている服について話すことが大事なんです。
他の知らないブランド名を出しては「知らないなあ」と言ったら、その場がシラケちゃうので気をつけて。

3.容姿についての話をする

男性の容姿について話をすれば、気分が高ぶって良い雰囲気になるんです。
例えば顔。 瞳が黒々としていて美しいのなら「なんだか吸い込まれそうにキラキラしていて、ドキドキしますね」と明るく言ってみましょう。
自分の顔を褒められたら、大抵の男性は良い気分になりますから。

鼻がスッと高く、整っているのなら、「とっても美しい鼻ですね。格好良い」と言ってみるんです。
良い部分をピックアップして、そこから話を広げてみましょう。

盛り上がれるポイント

話す時には目を見つめて言ってみて。
目を見ながら褒められると、男性は凄くドキドキして気持ちが高ぶるんです。
上目使いで可愛く言ってみれば、ますます良い雰囲気になりますよ。

4.食べ物の話をする


出典:weheartit.com

食べ物の話をするのもいいですね。
他にもう話すことがないなと思ったら、誰もが興味のある食べ物の話をしてみるといいんです。
シーンと静まり返っていたとしても、「あの、好きな食べ物ってなんですか?」と話してみたら「焼肉」と返ってきて。
その焼肉の話から「タレって何が好きですか?」「お肉はどの部分が好きですか?私はミノかな」と話を広げて。

盛り上がれるポイント

もっと話を広げたい時には、スマホをパッと取り出して、「焼肉」と検索してみましょう。
近くにある焼肉のお店などを調べてみて、「この近くに○○っていうお店があるんですね」と、そのお店の情報を教えてみて。
「このコース、食べてみたいですね」と言ってみたら、「そうだな」という気持ちになり、デートに繋げることが出来るんです。

まとめ

初対面の男性との話題って、そんなに深く考えることはないんですよ。
あまりにも考えすぎていると、場がシーンとしてしまうこともあるので注意して。
相手と気軽に話せる話題をピックアップすればいいんです。
そして、1つのテーマから話が盛り上がるように、工夫をしてみる。
これで楽しい会話が出来るようになるんですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。