恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

冷却期間中に連絡はしてもいい?空ける期間はどのくらい?

近頃のカップルは喧嘩したり、気持ちが冷めてしまったときには、冷却期間を設けることが多くなりました。
この期間を設けることで、お互いにイライラを解消することもできます。
今回は、その冷却期間とは何か、この期間に連絡をしてもいいのか、するのならどのくらいの期間をあけた方がいいかをご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

冷却期間とは?

付き合っていて「なんだか疲れるな」「距離をおきたいな」と感じたとき、まったく会わない期間を冷却期間と言います。
この期間にお互いに悪かったところを反省したり、相手の良いところを探しては、また惚れ直すこともいいものです。

冷却期間中に連絡してもいいのかどうか


出典:weheartit.com

寂しいのなら連絡をする

寂しいなと感じたのなら連絡をしてみましょう。
気持ちを押さえ込んでしまうと、上手く恋愛ができません。
寂しい気持ちをぶつけたいのなら、やはり彼氏に聞いてもらうのが一番です。

喧嘩をしたのなら時間をおいてからする

喧嘩をしたのなら、冷却期間中には連絡をしない方がいいでしょう。
どうしてもしたいのなら、少し時間をおいてからの方が反省しているように見えます。

関係が冷めてしまったのなら連絡する

関係が冷めたら連絡をした方がいいでしょう。
二人の熱が冷めてしまったのなら、やはり連絡をした方がいいでしょう。
その方が、本当は「好き」という気持ちがよく伝わります。
メールでも電話でもいいので、連絡をとってみましょう。

誤解があったならすぐにでも連絡する

彼氏に上手く自分の気持ちを伝えることができずに冷却期間に入ってしまったのなら、すぐにでも連絡をしましょう。
冷却期間に入ったら、すぐに「あのね、私の気持ちを聞いてほしい」と、連絡をして下さい。
そして、自分がどうしたいのかをハッキリと伝えることが大事です。

冷却期間はどのくらい期間を空けるのがいいのか


出典:weheartit.com

寂しいときの場合は1週間程度置く

寂しいときの場合、冷却期間は1週間でいいでしょう。
抑えきれないほど寂しいなと思ったら、冷却期間は短くていいのです。

喧嘩をした場合は1ヶ月程度置く

彼氏と喧嘩をした場合は冷却期間を置きましょう。
喧嘩をしたのですから、彼氏もイライラしている状態です。
上手く心が元に戻るには心の準備が必要です。
ですから、一人で盛り上がっても彼氏の心は掴めませんから、穏やかな気持ちになった時に連絡をしてみて下さい。

愛情が冷めてしまった場合は3ヶ月程度置く

愛情が冷めてしまった場合も冷却期間を設けましょう。
でも、あまりにも長く冷めたままで時間を置いてしまいますと彼氏の気持ちを取り戻すことが大変です。
気持ちを取り戻したいのなら、早めに連絡をすることがポイントですね。

連絡方法としては、まずはメールからにしてみましょう。
そして、心を掴んでから電話で「どうしてた?」と連絡をするといいですね。

まだ好きな気持ちがあるからやり直したい場合は2週間以上置く

まだ好きな気持ちがあるからやり直したいのなら、冷却期間を置いてから連絡をしてみましょう。
冷却期間が1週間程度ですと少し短すぎて、「早すぎないか」と彼氏をイライラさせてしまいます。
こんな状態では素敵な関係に戻すのは難しいので、2週間以上は空けたいものです。

まとめ

冷却期間は、彼氏との関係の状態を見てから考えることが大事ですね。
せかせかしないで、彼氏の気持ちもよく考えてあげてから連絡をすることが大事なのです。
楽しく恋愛をしようとの気持ちが強く、余裕もある女性の方が、より素敵に見えるでしょう。
そして、やり直したいとの気持ちが強い女性になることもポイント。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。