恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

あの人じゃなきゃ駄目!別れ話をした後に復縁する4つの方法

喧嘩になってしまい、付き合っている彼氏に別れ話を切り出してしまったあなた。
後からになり、「ああ、なんであんなことを言ってしまったんだろう」と深く反省。
やっぱり彼氏がいない生活なんて考えられないから、復縁がしたいと思った時、どんな言葉を言えば許してもらえるのか。
4つのパターンを色々な人の体験談よりご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

別れ話をした後に復縁するための4つの方法


出典:weheartit.com

1.復縁するための仲直り体験談 ナオの場合

お洒落なお店に行こうと食事に誘う

ナオは喧嘩して仲直りしたい彼氏を食事に誘いました。
普通に誘うよりも、「一緒に食事に行きたいんだ」と言った方が、誘いやすいと思ったから。
イライラッとしている彼氏も食事をしながら話せるのなら、話し易いですし。

私は店内の雰囲気が良いお店を探しました。
明るく、壁紙やテーブルがお洒落なお店なら、気分も明るく話せるので、喧嘩別れした彼氏ともスムーズに話し易いですし。
お互いに落ち込んでいましたから、美味しい食事をしながら会話をした方が楽しく話せました。

彼氏に「ごめんね。やっぱりあなたがいないだなんて無理だわ」と言ったら、「俺もそう思った」って。
本当は、彼氏も私がいないと寂しかったんだって分かりました。
すぐに復縁出来たんですよ。 

2.復縁するための仲直り体験談 リサの場合 

真面目な復縁メールを送り仲直り

大好きだった彼氏なのに、どうも言葉のやり取りがなくてイラッとしちゃって。
あまり自分の気持ちを話さない人だったんですよ。
そういったところが良いかなと思って付き合ったけど。
そんな彼氏が無視した時、「もういい」って別れちゃったんです。

後からになり、あんな彼氏でもやっぱりいないと寂しくて。
だから、メールをしたんです。彼氏がいつも出勤する前の時間を狙って。「ごめんなさい」って。
返事がなかったから、ランチタイムにも「許してくれないかな」とメールしました。

それでも返事がないから、彼氏がご飯を食べ終えたなと思う時間に「私が心から愛するマー君へ。自分の気持ちとは反対の気持ちを言ってしまった私。本当は心の底から愛してるの。また私を愛してくれないかな」と送りました。
真面目に書いたのが良かったのか、「俺もやり直したい」という返事が届いたんです。
きちんと書いて良かったです。

3.復縁するための仲直り体験談 ルイの場合

手紙で自分の気持ちを伝える

5年付き合った彼氏。
仕事の忙しい彼氏で、なかなかデートが出来ませんでした。
電話を掛けても「また今度」と言っては話もろくにできず。
そんな彼氏に「いいよ、別れても」と言われてプッツンした私は、「分かった」と言ってしまったんです。

でも、やっぱり彼氏じゃないと駄目って思い、復縁をしたいと。
なかなか電話にも出ないし、会えないから、手紙を送ったんです。
とびきりの可愛い便箋と封筒を買って。
そして、その手紙に「夜遅くまでお仕事ご苦労様。○○君のために、温かなご飯を作ってあげたいな。栄養をきちんと摂っているか心配です」と書いて送りました。

封筒には栄養満点の健康茶を入れて。時にはサプリメントも入れてみました。
どれだけ私が彼氏のことを心配しているか、想っているかを伝えたんです。
手紙を10通ほど送った時、彼氏から電話が。「会って話そう」って。
会った当日、「やり直そう」って言ってくれました。

4.復縁するための仲直り体験談 サトミの場合

会社の終わる時間を狙って待つ

半年付き合った彼氏と同棲したけど喧嘩ばかり。
だから別れることに。でも、忘れられなくて。
復縁したいと思い、方法を考えたんです。

私が考えた方法は、彼氏がいつも夜の19時に会社が終わる人だったので、その時間前に、彼氏の住む家の前で待つことにしたんです。
その時間の30分前には行き、彼氏を待ちました。バッチリメイクをして。
オレンジ色の可愛いルージュを唇に塗り、眉毛もバッチリ。
ファンデーションもワンランク上の明るめの色にしました。
毛先にカールもかけて、ちょっとゴージャスに。

仕事帰りだったので、服はスーツです。
そして、帰ってきた彼氏に手を振りました。最初は無視ばかり。
でも、毎日やっていたら、「もう仲直りしよ」と言ってくれて。

まとめ

別れ話をして復縁するには、上記のように真剣にやり直したい気持ちを伝えること。
大好きな彼氏との復縁をするには、自分の本気で復縁したい気持ちを伝えることが大事なんです。
明るく気持ちを伝えてみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。