恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

彼氏が風邪をひいた時に彼女にして欲しい看病の仕方7選!

身も心も弱っている風邪の時には、彼女に看病してもらいたいな彼氏は思うでしょう。
そばにいてもらうだけでもいいけど、優しくあれやこれやと看病する彼女に「幸せだな」と彼氏は感じます。
そんな彼氏が、風邪をひいた時に彼女にして欲しいと思う看病の仕方をご紹介しましょう。

license:cc  出典:weheartit.com

彼氏が風邪をひいた時に彼女にして欲しい看病の7つの仕方


出典:weheartit.com

①膝の上に頭をのせてくれる

彼女の膝の上に頭をのせてくれるだけでも彼氏は嬉しいと感じるでしょう。
そのままの状態で腕や背中を優しく濡れタオルで拭いてくれれば、もっと幸せを感じます。
耳かきで耳の掃除をしてくれたり、顔の無駄毛を処理してくれるのもいいですね。

②添い寝をしてくれる

風邪をひいているからエッチはできないけど、隣に添い寝をしてくれるだけでも嬉しいと感じるでしょう。
添い寝をしながら懐かしい童謡を歌ってくれたり、日本昔話を聞かせて看病してくれる彼女はとても素敵です。
彼氏の風邪も早く治るでしょう。

③美味しいおかゆを作ってくれる

体力が落ち、上手く食べ物を消化できない風邪の彼氏には、美味しいおかゆを作って看病してあげましょう。
彼氏の家に行く前に「どんなおかゆが食べたい?」と聞いて「鮭」と言ったら、スーパーで鮭の切り身を買ってから彼氏の家に行くといいですね。
そして、鮭のおかゆに生姜や三つ葉などを刻み、一緒に出してみましょう。

栄養も考えられる彼女の気遣いに彼氏は嬉しくなり、「治ったら激しく愛してやる」と考えますよ。
「結婚したら楽しく暮らせそう」と感じるから、元気なったら「結婚してほしい」とプロポーズされるかもしれませんね。

④冷たくしたタオルをおでこにのせる

なかなか自分ではできないと思っているところに、冷たくした気持ち良いタオルをおでこの上にのせては熱を冷ましてくれる彼女に嬉しくなるでしょう。
1回だけではなく、ぬるくなったタオルをまた冷たくしては彼氏のおでこにのせれば、もっと嬉しい気持ちになります。
健気な看病で彼氏の気持ちを強く掴みますよ。

⑤喉が渇いた彼氏に飲み物を出す

喉が渇く風邪の彼氏には、飲み物を出しましょう。
「喉が渇いたな」と感じた頃合に出すことで「気が利くな」と気持ちを掴みます。
ポイントは冷たすぎず、熱すぎない飲み物を出すことですね。

あまり冷たい飲み物ばかりを出しているとお腹を壊しますし、喉が渇いている時に熱すぎるお湯は逆に喉が渇いてしまうでしょう。
人肌にしたお湯であったり、常温にした水を出すことで彼氏の心を掴み、「ああ、看病してもらって嬉しい」と喜んでもらえます。

⑥服を着替えさせてあげる

優しく体を拭いてあげたら新しいパジャマや下着を着させてあげましょう。
母親のように愛情を持って下着を脱がせてくれたり、着させてくれる彼女の看病に涙が出るほど嬉しくなりますね。
汚れたものを洗濯機で洗い、干し、乾いたら丁寧に折り畳んでくれれば、更に看病してもらって嬉しいと感じるでしょう。

⑦ブラッシングしてあげる

ずっと寝ていると髪の毛がボサボサになってしまうでしょう。
そんな時、彼女が優しく彼氏の髪の毛をブラッシングしてあげて、その乱れを整えてあげるといいですね。
横から後ろに回り、彼氏の髪の毛を整えてあげながら静かに風邪が良くなったら二人で旅行に行こうとか、将来は一緒になりたいとの話をしてみるといいですね。

まとめ

彼氏が風邪をひいて看病をしてあげたいと思った時は、彼氏が嬉しいなと感じるような看病をしてあげましょう。
嬉しい気持ちになることで風邪も早く治りますよ。
時間の許す限り彼氏の我侭を聞いてあげれば、二人の関係はより良いものになりますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。