恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

付き合う前の電話を何が大事?時間や頻度、会話の内容とは?

気になる男性と付き合う前に電話をしたいあなた。
でも、付き合ってはない状態ですから、頻繫にかけてもいいのかなと悩むでしょう。
かけてもいい時間帯に、そのときに話す会話など、色々考えるとパニックになり、余計にかけれなくなったりして。
そんな悩めるあなたのために、付き合う前の電話をかけるといい時間や頻度、話す内容などをご紹介します。

license:cc  出典:weheartit.com

付き合う前の電話のかける時間は?

付き合う前の電話をかける時間はいつがいいのでしょうか。
そう悩むのなら、一番男性がリラックスする時間帯にかけてみるといいでしょう。

リラックスする時間帯は夜の寝る前ですね。
お風呂も入り、歯も磨いてスッキリした後ですと、21時から23時頃です。
この時間帯は就寝前にやるべきことを終えた後なので、男性も女性とゆっくり話せますから。

付き合う前の電話をかける頻度は?


出典:weheartit.com

毎日かけてもいい

電話をかける頻度は毎日でもいいんです。
男性が好きで、毎日その素敵な声を聴きたいと感じるのなら、毎日でもかけて会話をしてみましょう。
心もより繋がり、お互いになくてはならない存在になりますよ。

コンディションの良い日にかける

自分が疲れているときは電話をかけない方がいいでしょう。
無理してかけると良い会話はできません。
それは、男性に「疲れているな」と伝わり、お互いに気まずくなってしまいます。
自分で「疲れているな」と感じるなら、コンディションを整え、良い日に電話をかけましょう。

1週間に1回から2回にする

「ああ、声が聞きたい」と気持ちを溜めておいてから電話をするといいですね。
お互いに我慢することで、より「電話がしたい」「電話を掛けてきてほしい」との気持ちを募らせます。
すると、より電話をしたときに盛り上がれるんですよ。

付き合う前の電話での会話は?

男性の好きな話で盛り上がる

付き合う前の電話では、男性が好きそうな話をしてみるといいでしょう。
たとえば車が好きな人なら「今度最新のバイクを集めたイベントがあるんですけど、○○さん興味ありますか?」と話をしてみます。
「あるある」とノってきたら「どんなバイクが好きですか?」と話を広げてみましょう。
「今度、そのイベントに一緒に行ってみたいですね」と誘ってみるのも良い方法です。

驚いた話で盛り上がる

男性の興味をグッと惹き付ける話が驚いた話です。
例えば、音楽好きな人なら「昨日ね、友達がカラオケで99点出したの。凄くない?あと1点で100点だよ」と言って驚かせましょう。
お笑い好きな男性には「○○っていう芸人が好きなの。その芸人のイベントには毎回行くし、DVDや写真集も全部持っててね。今まで100万円は使ってるんだ」など、現実的な驚く話をしてみて下さい。
「この子と付き合うとワクワクできそうだな」と男性の興味を惹きつければ、より好かれるでしょう。

付き合う前に電話をかける時間帯に効果的な内容は?


出典:weheartit.com

21時から23時はドキドキする話をする

寝る前の21時から23時に電話をしたときは、ドキドキする話をしてみましょう。
例えば、「この頃ね、胸が大きくなって。ブラジャーのサイズが一つ大きくなったの」「マッサージを毎日続けてたらお尻の形が凄く良くなって」など、男性が想像してドキドキする話をしてみて下さい。
「うわ、会って抱いてみたい」と思い、あなたのことが気になって仕方がなくなるでしょう。

18時から20時にかけたときには料理の話をする

仕事が終わった18時から20時頃に電話を掛けたときは、料理の話をするといいでしょう。
丁度お腹が空いた頃ですから、男性も料理の話に食いついてきます。
「○○君は和食派?それとも洋食派?」と聞いてみれば、「俺、こう見えて和食派なんだ」と話してきます。

「えっ?驚き。ハンバーガーとか似合いそうだなと思ってた」とちょっと過大に驚いてみせれば、なんだか男性としては嬉しい気持ちになったりして。
「ねえ、私、和食料理作ってあげたいな。どんな料理が好きなの?」と聞いてみましょう。
どんどん距離が縮まり、「ああ、作ってもらいたいからデートしたい」と男性が思うようになりますよ。

まとめ

付き合う前に電話をかけるのも、男性と自分がどんなタイミングで掛けられたらより盛り上がるかを考えることが大事です。
話の内容も二人が明るく盛り上がれる話をしてみましょう。
時間を考えるのも大事です。時間によって話の内容を変えることで、もっと男性の心を惹き付けますから、そこも考えて電話をしてみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。