恋愛が未熟な人にとって少しでも恋愛力が上がるように役立つ情報をお届け!

menu

ラブアンライプ

結婚後の生活も幸せになれる?年の差婚の老後のリスク5選!

今はまだ若いから、年の差が10歳以上あっても心配はしないですよね。
ただ、老後のことを考えると結婚しても大丈夫かなと考えてしまいますよね。
実際、30年後の老後を考えた時、色々なリスクの問題が生じるでしょう。
そこで今回は、年の差婚の老後にはどのようなリスクが待ち構えているのか、幾つかご紹介しましょう。

license:cc  出典:weheartit.com

年の差婚の老後の5つのリスク


出典:weheartit.com

①年上男性の介護問題に早くぶつかる

年上男性が現在40歳以上で女性が25歳とします。
結婚して25年後にもなれば男性は65歳、女性は45歳となるでしょう。
男性の足腰が弱ったり、痴呆症が始まったり、病気などにかかりやすくなります。

そんなとき、まだ40代半ばにも関わらず、介護や看病しなければならない現実に直面します。
まだ旅行をしたり、外食をしたり、コンサートに行ったりと色々なことをして遊びたいと考える年頃でもあるというのに。
そんな楽しみも、年上男性が年老いてしまえば何度も楽しむことが難しいでしょう。
外出するよりも家の中で過ごすことが多くなり、憂鬱になることが年の差婚の老後のリスクとなるでしょう。

②体臭に悩む

30代の年上男性は、どうも体臭が臭うなと感じることはありませんか。
ケアをしているからそれなりに体臭を抑えているでしょうが、これが老後となるとケアしていない体臭を家で嗅ぐことになるでしょう。
加齢臭は年齢を重ねるにつれてその臭いも酷くなっていきます。
口臭やワキガ、頭の臭いが酷くなるのが若い男性よりも早くにくるということを、年の差婚の老後のリスクとして考えることが大事ですね。

③老いが早い

結婚した時に年上男性が40歳前後であれば、20年後になると60歳前後になります。
今の60歳といえば、外見はさほど酷く年老いている感じる人は少ないですが、やはり老いは急にくるでしょう。
髪の毛が白くなったり、老眼になったり、階段の上がり下がりが大変になったりと。

そんな年老いた年上男性といてイライラしてしまっては、そのストレスをぶつけてしまうこともあるでしょう。
大らかな気持ちを持って一生付き合えるかどうかが、年の差婚の老後で考えることが大事ですね。

④早く退職する

年上男性との結婚のリスクは、退職が早いということです。
現在40歳であれば、あと20年も働けば退職となるでしょう。

退職後は朝から夜まで家にずっと夫がいることになります。
趣味やスポーツをしに外出する夫ならいいですが、何もやらないで家にずっといるのでは、三度の食事を準備したり、話し相手になったりしなければなりません。
友人と遊びに行くことを許してくれない人なら、ずっと家にいなければならないところが、年の差婚の老後のストレスになるでしょう。

⑤セックスの回数が少ないは持続しない

好きな人とのセックスはとても幸せな気持ちになるでしょう。
そのセックスが、年上男性が年老いたら回数は少なくなるは、持続しないところがリスクですね。
早くに性欲が減退してしまい、年下女性は満足できずに終わってしまうことが多いんです。

それに、年老いてからのセックスは年上男性の体にとても負担をかけますから、倒れてしまうリスクも大きいでしょう。
張り切り過ぎてそのまま亡くなってしまうケースもあるんですよ。
小さな子供を残して早死にするという大きなリスクがあることも、年の差婚の老後では考えないといけません。

まとめ

年上男性との結婚はリッチな生活ができるかもしれませんが、老いが早かったり、セックスをするたびに負担がかかるなど色々なリスクがあるんですね。
それでも愛しているから大丈夫というのであれば、年をとってから年上男性との老後も見据えて結婚しましょう。
男性が若いうちにたくさん遊び、思い出を作っておくことがポイントですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。